Top > 液晶、プラズマの長所と短所

液晶、プラズマの長所と短所


【エコポイント対象】東芝 WIDE32型 地デジ対応 ハイビジョン液晶テレビ "REGZA(レグザ)"C800...

 

テレビにおける液晶、プラズマの違いとして、以下の長所と短所が挙げられます。
液晶の長所は消費電力が低く、寿命も比較的長く、低反射性であること。また、液晶は元々は小型のタイプに適した機種なので、40V型以下のものを求めるなら、液晶がいいでしょう。

液晶の短所としては、応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感があること。また、コントラストが低い、視野角が狭い、ブラウン管に比べて輝度・色彩表示能力が劣るなどの問題があります。

プラズマの長所は、大画面化が容易であること。そのため、大画面になればなるほど液晶よりも安くなります。また、液晶と比べると視野角も広く、応答速度も速いです。

プラズマの短所としては、消費電力が大きく、発熱が大きいことが挙げられます。そのため、壁と平行に設置する場合は放熱のためのスペースが必要となり、薄型のメリットが活かしづらくなります。また、高精細化・小型化が困難です。

 

 芸能人の高齢出産  細木数子  小池徹平  リウマチの症状
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
液晶、プラズマの違い(2009年8月18日)
液晶、プラズマの長所と短所(2009年8月18日)
テレビ選びのポイント(2009年8月18日)
ニーズに沿ったテレビ選びを(2009年8月18日)